冷凍車部品販売
徳島県・香川県・愛媛県・高知県

クルマ・トラック部品販売  ・車検・架装 フリーマーケット123 

【 トラックと車のあらゆる部品販売 】 担当 白根 090 2078 8123


  1. 販売中の部品等の商品一覧、クリックしてください。
    ★当社販売商品!トラック部品・自動車部品 ★


  2. 【求車】お探しのトラックについて、車両がありましたらお問い合わせください。 また、お探しのトラックの種別、寸法等を教えて頂ければ当社にてお探しします。どうぞお電話・FAX・MAILにてお問い合わせください。

  3. 新品パーツ・リビルトパーツ・中古パーツ各種取扱しています。お電話にてお問い合わせください。

  4. FAX 072 820 7723、MAIL truck123f@yahoo.co.jp まで ご希望の部品をご記入の上、お送りください。

  5. 部品の取付、トラックやダンプなど架装をお受けします。お電話もしくは下記リンクより用紙を取出してご記入の上でFAX下さい。MAILも可能です。

  6. ★ トラック架装の参考写真と 架装の見積依頼はこちらからどうぞ ★

    ダンプのコボレーン取付、床鉄板取付、アオリ穴加工、クレーン取付と修理、ラジコン取付、パワーゲート取付、深ダンプ制作、油圧装置取付など簡単な事から複雑なことまでお受けします。


  7. 商品は郵送(元払い、着払い)にてお客様までお届を致します。

    当社へお振込みの銀行口座

      三井住友銀行 門真支店(カドマ)
     普通 3541988  
     有限会社フリーマーケット123
     (ユウゲンガイシャフリマーケット123)

  8. 電話とFAXで簡単無料買取査定! TEL 072-820-7712 FAX 072-820-7713までお気軽にお問い合わせください。

  9. 取扱部品は平ボデイ、クレーン、ユンボ、高所作業車、特殊車、ウイング、バン、ダンプ、重機、ユンボ、ラフター、パッカー、アームロール、冷凍車、高圧洗浄車、発電機など各種部品を取扱いしています。

  10. クルマ・トラックの部品検索 TRUCK123

     部品・バン・ウイング
     部品・平ボディ
     部品・ダンプ
     部品・クレーン
     部品・室内パーツ
     部品・内装パーツ
     部品・外装パーツ
     部品・電装パーツ
     部品・マーカーランプ
     部品・エンジン
     部品・ミッション
     部品・マフラー
     部品・排ガス装置
     部品・速度制御装置
     部品・キャビン
     部品・バンパー
     部品・ネタ木
     部品・工具箱、ツールBOX
     部品・タイヤ
     部品・ホイール
     部品・オイル・フィルター
     部品・バッテリー
     部品・セキュリティ、レーダー
     部品・アクセサリー
     部品・ETC
     部品・CD、MD、DVD
     部品・ナビ・TV
     部品・その他

    ★中古トラック販売の(有)フリーマーケット123のHP★

    TRUCK123 中古トラック販売情報一覧 小型 中型 大型

    大阪なんでも商店街

クルマ・トラック部品販売  ・車検・架装 フリーマーケット123   E-mail: truck123f@yahoo.co.jp
★〒572-0866大阪府寝屋川市小路南町6-9★←クリックすると地図が表示
TEL: 072-820-7712  FAX: 072-820-7713    担当: 白根 (090 2078 8123)

ライトバン


本来の生い立ちはボンネットトラックの後方の荷物デッキスペースを屋根付きの貨物室とした、という発想であり、同様の車体形状をもつステーションワゴンとは全く似て非なるものである。 ライトトラックやライトバスなどと同様、それぞれの車型の中では比較的小型で、積載量の少ないものを指す。近年は、カタログ表記でも、単に「バン」とすることが多い。
日本では貨物自動車の一種で、いわゆるワンボックスまたは2ボックスの形状であり、リアシートを折り畳んで荷物室を拡大することができるか、もしくは後部座席を備えない。後部座席を備える車両の場合、前部座席より後方のスペースの内、荷物室が過半を占めることとされている。 また貨物室の側面にある窓は荷物からの保護が法律で義務付けられており、一般的には貨物室の窓には保護用にバーが取り付けられている。
車両価格(初期費用)と維持費を抑えるため、トランスミッション(変速機)はマニュアル式が多かったが、オートマチック限定免許の普及もあり、乗用車のマニュアル比率が極端に減った現在では、パワートレーンをそれらと共用する都合と、ドライバーの省力化のため、オートマチックの比率が高まっている。

トラックミキサ


トラックミキサとは、貨物自動車(トラック)の一種で、車体に回転可能な円筒形の容器(ドラム)を装備した自動車のことである。
生コンクリート(生コン)など、輸送中に撹拌させておく必要のある物を輸送する目的で使用される。日本での発明者は「スカイラインの父」として知られる桜井眞一郎である。
ミキサー車、アジテータトラック、アジテータ、トラックアジテータ、生コン車、移動式ミキサとも呼ばれる。マスメディア及び一般社会においては専ら「ミキサー車」の呼称が使われている。官公庁および土木・建築業界においては「アジテータ」の呼称がよく使われる

建設機械


建設機械(けんせつきかい、英語:construction equipment)は、土木・建築の作業(工事)に使われる機械の総称である。省略して建機(けんき)とも呼称される。人力で施工することが困難な作業を機械化したものがほとんどである。高度経済成長の時代に高層建築や道路整備などで建設機械が日本の社会資本整備に果たした成果は大きい。20世紀末から21世紀現在では、公共事業のコスト削減が叫ばれており建設機械にはさらなる作業の効率化などの役割が求められる。
国内での建設機械需要の50%強は、レンタル機の活用に移ってきている。建設業者の経営合理化に向け、機械経費削減のために、この流れはまだまだ加速している。

オートマチックトランスミッション(Automatic Transmission:自動変速機)

オートマチックトランスミッション(Automatic Transmission:自動変速機)とは自動車やオートバイの変速機構の一種で、車速やエンジン回転数に応じ変速比を自動的に切り替える機能を備えた変速機(トランスミッション)の総称である。狭義には変速機構自体を指すが、発達の経緯が変速操作の自動化のみならず、マニュアルトランスミッション車からクラッチペダルを取り去ること[1]にもあったため必然的にクラッチの自動化を伴っており、広義にオートマチックトランスミッションと称する場合は各種の自動クラッチ機構を含むことが多い。本項ではそれぞれのオートマチックトランスミッションにおいて、それらの自動クラッチ機構も含み詳述する。 日本では「オートマチックトランスミッション」という呼び方が長く煩雑であることから文章表記ではA/T、ATと略記される事が多い。また、口語ではオートマチック、ないしはオートマが普通に通用している。古くはノークラ(ノークラッチペダル=クラッチペダルがないの略)・ノンクラ・トルコンなどと呼ばれた。 なお、クラッチの操作のみを自動化し手動選択の多段変速機と組み合わせた形式については、完全自動でないという意味でセミオートマチックトランスミッションと呼ばれる。

いすゞ自動車株式会社


いすゞ自動車株式会社(いすずじどうしゃ、英称:Isuzu Motors Limited)は、主にトラック・バスの商用車を製造する日本の自動車メーカーである。ゼネラルモーターズの関連会社だったが、2006年4月に資本関係を解消した。
日本国内の自動車メーカーの中で最も古い歴史を持つ企業のひとつであり、自動車・船舶・産業用ディーゼルエンジン技術に定評がある。
「いすず」ではなく、「いすゞ」が正式名称である。これは、書家・永坂石?の書風で石?流と呼ばれるものである。中国語圏は、「五十鈴」という漢字で表記する。
「いすゞ」の名は伊勢神宮(三重県伊勢市)の境内に沿って流れ、神宮における潔斎の場ともなる五十鈴川に由来する。元は商工省標準形式自動車として、前身となったメーカー各社と当時の鉄道省によって1933年(昭和8年)に共同開発された大型自動車(のちのいすゞ・TX・BX系各車の原型)に、1934年に付けられた名前である。以後、企業合併や社名変更などの変遷を経ながら、太平洋戦争直前から戦時中にかけ、大型車両とこれに搭載する高速ディーゼルエンジンの分野で、国策企業として開発をリードした。
太平洋戦争後はトラック・バスなど、大型ディーゼル車両の生産で日本を代表するメーカーとなる一方、1953年以降はイギリス車、ヒルマンのノックダウンで乗用車生産にも進出し、総合自動車メーカーを目指した。かつてはトヨタ自動車、日産自動車とともに日本自動車業界の御三家とも言われていたが、乗用車部門は長らく不振であり、1990年代より経営危機に陥りリストラを繰り返すようになった。
1993年には乗用車(SUVを除く)の自社開発・生産から撤退し、日本国内では本田技研工業などからOEM供給を受けて販売を続けた。その後もビッグホーンやウィザードといった自社製SUVの販売は続けられたが、2002年9月には日本国内での乗用車・SUV販売を打ち切り、乗用車事業から撤退した(ただし、現在販売中のコモは乗用車登録が可能である)。
また、関連企業との合併による拠点の集約など、極めて大規模な人員削減などを行った。株価が一時、自動車メーカーとしては最低の31円まで落ち込むなど、事態は極めて深刻であったが、みずほ銀行やゼネラルモーターズ(GM)の大掛かりな支援もあり、現在では再建を成し遂げている。
いすゞの復活は単なるリストラだけでなく、ディーゼル自動車の排気ガス規制強化(いわゆるNOx規制など)を発端とする、商用車(トラックやバスなど)の買い換え特需によるところが大きい。
アメリカ合衆国ではGMからSUVとピックアップトラックのOEM供給を受けて販売を続けていたが、これも2009年1月31日を持って販売を終了した(なお、販売ディーラーは既存ユーザーのためのアフターケア・サポート事業の為にのみ存続していくことになる)。現在は東南アジアや南アフリカなどでSUVの販売が行われている。
2006年4月にGMとの資本関係を解消し、その後が注目されていたが、同年11月7日にトヨタ自動車と資本・業務提携を行うことが発表された。既にトヨタグループの日野自動車とはバス事業の統合(ジェイ・バス株式会社発足)を行っており、今後はトラック部門での連携強化の可能性も考えられる。また、乗用車用ディーゼルエンジンやSUV(いすゞからビッグホーン→ホライゾンとミュー→ジャズ)、ミニバン(ホンダからオデッセイ→オアシス)の供給では本田技研工業と相互協力関係があった。そのため、1993年の小型乗用車の自社生産中止後、2002年に自社生産されていたSUVを含む乗用車の販売事業から撤退するまで、ホンダからのOEM供給を受けていた。

岐阜で クレーン販売のTRUCK123
激安トラック販売と買取 兵庫県(伊丹市・尼崎市・宝塚市・川西市)
委任状(自動車・トラックの名義変更用)
トラック買取と販売のトラック123 池田市
大阪の夜の街ミナミ、難波の写真紹介
冷凍車買取と販売のトラック123 東大阪市
WEB専門のトラック123 激安中古トラック販売とトラック架装・整備!無料買取査定! 京丹後市・舞鶴市・福知山市・綾部市(京都府)
関西で 高所作業車買取のTRUCK123
クレーン買取のTRUCK123 豊中市・池田市(大阪府)
近畿 トラック車検
近畿で 中古アームロール販売のTRUCK123
京阪電鉄萱島駅前のちびっこ老人憩いの広場の写真紹介
web専門 中古トラック激安販売とトラック架装・整備のトラック123 田辺市・新宮市・串本町・白浜町(和歌山県)
大阪の兎我野町の写真紹介
アメ村の三角公園の写真紹介
ダンプ買取のTRUCK123 寝屋川市・四条畷市(大阪府)
激安トラック販売と買取のトラック123 大東市
トラック買取直販センター 兵庫県(伊丹市・尼崎市・宝塚市・川西市)
バン・ウイング買取のTRUCK123 関西(大阪・京都・奈良・和歌山・兵庫)
WEB専門のトラック123 激安中古トラック販売とトラック架装・整備!無料買取査定! 福島県・山形県・岩手県・宮城県・秋田県
奈良で 高所作業車買取のTRUCK123
クレーン メーカーのご紹介
大阪で中古ダンプ販売情報 販売車両のH16トヨタ ダイナ2tダンプ 低床・強化 PB-XZU351D
ダンプ・アームロール・クレーン・トラック各種の買取販売とトラック架装・整備!無料買取査定! 岐阜市・各務原市・関市・美濃市・多治見市
中古トラック、中古車をご購入時の必要書類の説明
高所作業車買取と販売のトラック123 東大阪市
門真市と守口市で 特殊車両買取のTRUCK123
クレーン買取と販売のトラック123 松原市
大阪で 10tトラック買取のTRUCK123
2tトラック買取と販売のトラック123 八尾市