大阪市(西区・北区・中央区・旭区・浪速区)
トラック用ブレーキ部品販売

車・トラック部品販売  ・車検・架装 (有)フリーマーケット123

【 トラックと車のあらゆる部品とパーツ販売 】 担当 白根 090 2078 8123


  1. 販売中の部品等の商品一覧、クリックしてください。
    ★当社販売商品!トラック部品・自動車部品 ★


  2. 取扱部品は平ボデイ、クレーン、ユンボ、高所作業車、特殊車、ウイング、バン、ダンプ、重機、ユンボ、ラフター、パッカー、アームロール、冷凍車、高圧洗浄車、発電機など各種部品を取扱いしています。

  3. 新品パーツ・リビルトパーツ・中古パーツ各種取扱しています。お電話にてお問い合わせください。

  4. FAX 072 820 7723、MAIL truck123f@yahoo.co.jp まで ご希望の部品をご記入の上、お送りください。

  5. 部品の取付、トラックやダンプなど架装をお受けします。お電話もしくは下記リンクより用紙を取出してご記入の上でFAX下さい。MAILも可能です。

  6. 商品は郵送(元払い、着払い)にてお客様までお届を致します。

    当社へお振込みの銀行口座

      三井住友銀行 門真支店(カドマ)
     普通 3541988  
     有限会社フリーマーケット123
     (ユウゲンガイシャフリマーケット123)

  7. ★ トラック架装の参考写真と 架装の見積依頼はこちらからどうぞ ★

    ダンプのコボレーン取付、床鉄板取付、アオリ穴加工、クレーン取付と修理、ラジコン取付、パワーゲート取付、深ダンプ制作、油圧装置取付など簡単な事から複雑なことまでお受けします。


  8. 当社は固定をできる限り削減し、広告媒体はWEBのみのWEB専門店です。中間マージンをカットし高品質を低価格にてご提供する事をお約束します。

  9. お探しのトラックについて、車両がありましたらお問い合わせください。 また、お探しのトラックの種別、寸法等を教えて頂ければ当社にてお探しします。どうぞお電話・FAX・MAILにてお問い合わせください。

  10. クルマ・トラックの部品検索 TRUCK123

     部品・バン・ウイング
     部品・平ボディ
     部品・ダンプ
     部品・クレーン
     部品・室内パーツ
     部品・内装パーツ
     部品・外装パーツ
     部品・電装パーツ
     部品・マーカーランプ
     部品・エンジン
     部品・ミッション
     部品・マフラー
     部品・排ガス装置
     部品・速度制御装置
     部品・キャビン
     部品・バンパー
     部品・ネタ木
     部品・工具箱、ツールBOX
     部品・タイヤ
     部品・ホイール
     部品・オイル・フィルター
     部品・バッテリー
     部品・セキュリティ、レーダー
     部品・アクセサリー
     部品・ETC
     部品・CD、MD、DVD
     部品・ナビ・TV
     部品・その他

    ★中古トラック販売の(有)フリーマーケット123のHP★

    お探しのトラック(求車)のお問合せ

    TRUCK123 中古トラック販売情報一覧 小型 中型 大型

車・トラック部品販売  ・車検・架装 (有)フリーマーケット123  E-mail: truck123f@yahoo.co.jp
★〒572-0866大阪府寝屋川市小路南町6-9★←クリックすると地図が表示
TEL: 072-820-7712  FAX: 072-820-7713    担当: 白根 (090 2078 8123)

営業用貨物自動車


貨物自動車運送事業の事業に用いられる自動車で、運輸支局等に事業用として登録され、専用のナンバープレート(地色が緑色)を交付されたものである。更に『運行』と『一般』の区分けがあり、『運行』は営業所とターミナルなど中・長距離輸送用に用いられる車両(主に10tや12t車)として運転席ドア下部に『運行』と表記されている。なお、この運行車両は路線バスのように事前に運行経路や運行日程等を運輸支局等に届け出なければならない。それに対して『一般』は営業所管轄区域内での集配業務などにあたる車両として車体に『一般』と表記されている。
日本の法律では遺体は「積荷」扱いである為、霊柩車も貨物(特種用途)自動車の一種とされ、寝台車も同様である。許可を受けた事業者(葬儀社等)しか保有することができず、また自治体毎に登録台数の上限制限がある事から新規参入は非常に難しい。輸送区分は『限定』である。

一般建設機械


ブルドーザ・スクレイパー
ブルドーザ、リッパドーザ(リッパ付ブルドーザ)、スクレイプドーザ、被けん引式スクレイパー、モータスクレイパー等
掘削機・積み込み機
油圧ショベル(ユンボ、バックホー、パワーショベル)、ドラグライン、クラムシェル、泥上掘削機、トラクタショベル、ホイールローダー、トレンチャ等
運搬機械
トラック、ダンプトラック、クレーン装置付トラック、トレーラー、機関車、ズリ鋼車、シャトルカー、不整地運搬車(特装運搬車)、ショベルローダー、フォークローダー、総輪駆動車、ベルトコンベア、バケットホイールエクスカベーター等
クレーン・荷役機械
クローラークレーン、ホイールクレーン(トラッククレーン、オールテレーンクレーン、ラフテレーンクレーン)、タワークレーン、ジブクレーン、鉄道クレーン、浮きクレーン、パイプレイヤ、建設用リフト、エレベータ、門型クレーン、フォークリフト、ストラドルキャリア、コンテナキャリア、トップリフタ、クランプリフト、高所作業車(リフト車)、コンクリート床仕上げロボット、玉掛け外しロボット、アンローダー等
基礎工事用機械
杭打ち機、ディーゼルハンマ、油圧ハンマ、バイブロハンマ、ウォータージェット(ウォータージェットカッタ)、アースオーガ、アースオーガ中掘り機、モンケン、油圧式鋼管圧入引き抜き機、サンドパイル打ち機、粉体噴射攪拌機、オールケーシング掘削機、穴掘建柱車、アースドリル、リバースサーキュレーションドリル、地下連続壁施工機、泥排水処理設備(アルカリ水中和装置、汚泥吸排車(バキュームカー)含む)、グラウトポンプ、グラウトミキサ(モルタルプラント含む)、ニューマチックケーソン施工機器、深層混合処理機、高圧噴射攪拌用地盤改良機、薬液注入施工機器、深礎工用機械(ロータリー吹き付け機、水中切断機等)、杭抜き機等
せん孔機械・トンネル工事用機械
ボーリングマシン、ダウンザホールハンマ、さく岩機(ハンドハンマ、レッグハンマ、ドリフタ、ピックハンマ、ベビーハンマ、リベッティングハンマ、チッピングハンマ、コーキングハンマ、スケーリングハンマ、サンドランマ、コンクリートブレーカ、大型ブレーカ)、ドリルジャンボ、クローラドリル、トンネル掘削機・切削機、グラブホッパ、グラブリフタ、トンネル施工機器、シールド工事用機器等
モータグレーダ・路盤用機械
モータグレーダ、スタビライザ、ミキシングプラント、超軟弱地盤用混合機等
締固め機械
ロードローラー(マカダムローラ、タンデムローラ)、タイヤローラ、タンピングローラ、振動ローラ、タンパ、ランマ、振動コンパクタ等
コンクリート機械
コンクリートプラント、トラックミキサ(アジテータトラック)、コンクリートポンプ車、コンクリートポンプ、コンクリートプレーサ、スクリュークリート、アジテータカー、コンクリート圧砕機等
舗装機械
アスファルトプラント、リサイクルプラント、アスファルトフィニッシャ、アスファルトケットル、ディストリビュータ、チップスプレッダ、アスファルトクッカ、コンクリートスプレッダ、コンクリートフィニッシャ、コンクリートレベラ(コンクリート縦仕上げ機)、コンクリート簡易仕上げ機、コンクリート横取り機、振動目地切り機、コンクリートカッタ、インナーバイブレータ、アスファルトエンジンスプレーヤ、アスファルトカーバ、ジョイントシーラ、プレーサスプレッタ、スリップフォームベーパ、キュアリングマシン等
道路維持用機械
路面ヒータ、ジョイントクリーナ、路面清掃車、ラインマーカ、溶解槽、区画線消去機、路面切削機、路上表層再生機、ガードレール清掃車、路面安全溝切削機(グルービング機)、散水車、ガードレール支柱打ち込み機、区画線施工機、床版上面増厚機、マイクロサーフェースマシン、排水性舗装機能回復機等
空気圧縮機・送風機
空気圧縮機(コンプレッサ)、送風機(ファン)等
ポンプ
小型うず巻きポンプ、小型多段遠心ポンプ(タービンポンプ)、深井戸用水中モータポンプ、真空ポンプ、工事用水中モータポンプ(潜水ポンプ)、水中サンドポンプ(攪拌装置付工事用水中ポンプ)、スラリーポンプ等
電気機器
変圧器(トランス)、高圧気中開閉器、キュービクル式高圧受変電設備、発動発電機等
ウインチ
ウインチ、ホイスト、チェーンブロック等
試験測定機器
トラックスケール、計量器、コア採取器(コアボーリングマシン)、CBR試験器、平板載荷試験装置、グラウト流量・圧力測定装置、ガス検知器、騒音計、振動計測機器、沈下・傾斜測定機器、粉塵計、濁度計、自動測量装置、光波測定器 等
鋼橋・PC橋 架設用仮設備機器
架設桁、ベント、門型クレーン、ホイスト、チェーンブロック、ギヤードトロリー、ウインチ、ジャッキ、油圧ポンプ、重量台車、送り出し装置、鉄塔、キャリア、サドル、バックステイ調整装置、ケーブル定着装置、ターンバックル、ロープハンガ、アンリーラー、送り出し装置、横取り装置、降下装置、トラベラクレーン、桁吊り装置、桁吊り門構え移動装置、ターンテーブル、移動支保、地覆高欄作業車等
その他の陸上用一般建設機械
コンクリートミキサ、骨材計量器、コンクリートバケット、コンクリートバイブレータ、コンクリート破砕器、ジョークラッシャ、インパクトクラッシャ、溶接機、溶接棒乾燥機、油圧ジャッキ、モンケン、軌条、ターンテーブル、モルタルコンクリート吹付機、コンクリート吹付機、急結剤供給装置、種子吹付機、ベントナイトミキサ、水槽、刈払機、芝刈機、チェーンソー、フロート、工事用信号機、工事用高圧洗浄機、薬剤散布機、集草機、ジェットヒータ、パッカー車、自走式破砕機、自走式土質改良機、自走式木材破砕機等

ディーゼル車のオイル

ディーゼル車は特にオイルが汚れやすく、劣化したオイルで走行しつづけると、エンジン内部の摩擦抵抗が上昇し、結果的にパワーがロスたり、エンジンが悪くなります。

いすゞ自動車株式会社


いすゞ自動車株式会社(いすずじどうしゃ、英称:Isuzu Motors Limited)は、主にトラック・バスの商用車を製造する日本の自動車メーカーである。ゼネラルモーターズの関連会社だったが、2006年4月に資本関係を解消した。
日本国内の自動車メーカーの中で最も古い歴史を持つ企業のひとつであり、自動車・船舶・産業用ディーゼルエンジン技術に定評がある。
「いすず」ではなく、「いすゞ」が正式名称である。これは、書家・永坂石?の書風で石?流と呼ばれるものである。中国語圏は、「五十鈴」という漢字で表記する。
「いすゞ」の名は伊勢神宮(三重県伊勢市)の境内に沿って流れ、神宮における潔斎の場ともなる五十鈴川に由来する。元は商工省標準形式自動車として、前身となったメーカー各社と当時の鉄道省によって1933年(昭和8年)に共同開発された大型自動車(のちのいすゞ・TX・BX系各車の原型)に、1934年に付けられた名前である。以後、企業合併や社名変更などの変遷を経ながら、太平洋戦争直前から戦時中にかけ、大型車両とこれに搭載する高速ディーゼルエンジンの分野で、国策企業として開発をリードした。
太平洋戦争後はトラック・バスなど、大型ディーゼル車両の生産で日本を代表するメーカーとなる一方、1953年以降はイギリス車、ヒルマンのノックダウンで乗用車生産にも進出し、総合自動車メーカーを目指した。かつてはトヨタ自動車、日産自動車とともに日本自動車業界の御三家とも言われていたが、乗用車部門は長らく不振であり、1990年代より経営危機に陥りリストラを繰り返すようになった。
1993年には乗用車(SUVを除く)の自社開発・生産から撤退し、日本国内では本田技研工業などからOEM供給を受けて販売を続けた。その後もビッグホーンやウィザードといった自社製SUVの販売は続けられたが、2002年9月には日本国内での乗用車・SUV販売を打ち切り、乗用車事業から撤退した(ただし、現在販売中のコモは乗用車登録が可能である)。
また、関連企業との合併による拠点の集約など、極めて大規模な人員削減などを行った。株価が一時、自動車メーカーとしては最低の31円まで落ち込むなど、事態は極めて深刻であったが、みずほ銀行やゼネラルモーターズ(GM)の大掛かりな支援もあり、現在では再建を成し遂げている。
いすゞの復活は単なるリストラだけでなく、ディーゼル自動車の排気ガス規制強化(いわゆるNOx規制など)を発端とする、商用車(トラックやバスなど)の買い換え特需によるところが大きい。
アメリカ合衆国ではGMからSUVとピックアップトラックのOEM供給を受けて販売を続けていたが、これも2009年1月31日を持って販売を終了した(なお、販売ディーラーは既存ユーザーのためのアフターケア・サポート事業の為にのみ存続していくことになる)。現在は東南アジアや南アフリカなどでSUVの販売が行われている。
2006年4月にGMとの資本関係を解消し、その後が注目されていたが、同年11月7日にトヨタ自動車と資本・業務提携を行うことが発表された。既にトヨタグループの日野自動車とはバス事業の統合(ジェイ・バス株式会社発足)を行っており、今後はトラック部門での連携強化の可能性も考えられる。また、乗用車用ディーゼルエンジンやSUV(いすゞからビッグホーン→ホライゾンとミュー→ジャズ)、ミニバン(ホンダからオデッセイ→オアシス)の供給では本田技研工業と相互協力関係があった。そのため、1993年の小型乗用車の自社生産中止後、2002年に自社生産されていたSUVを含む乗用車の販売事業から撤退するまで、ホンダからのOEM供給を受けていた。

ステーションワゴン


ステーションワゴンは、大まかには3ボックスセダンの屋根をトランク後端部まで伸ばし、その屋根とショルダーラインとの間にもガラスとピラー(柱)を入れてトランク部を大きな荷室としたものという生い立ちである(乗用車ベース。 よってナンバーは3か5)。 対して同様の形状をもつライトバンの生い立ちはピックアップトラックの荷台を屋根つきの貨物室とした、という発想であり(トラックベース。 よってナンバーは1か4)、両者は全く似て非なるものである。 しかし日本ではライトバンも貨物室の両側面にガラスのウィンドウをもつため、一般的にステーションワゴンとライトバンは全く同じものと一般的に間違って捉えられており、なおかつ両者はコスト面から全く同じ車体を使用して生産されることも多かったため、一般的にはステーションワゴンとライトバンの生い立ちの違いからなる両者の違いが理解されているとはいいがたい。 しかし自動車発祥の地である欧州においてはライトバンで貨物室の両サイドに日本のそれのようにガラスウィンドゥをもつものは存在せず、荷物室の両側はボディと同じ鉄板製であり窓をもたないため、ワゴンとバン両者の違いは顕著である。 しかしながら車高や全長はセダンと同程度で、後部座席後ろの荷室は、後部座席をたためば更に大きな荷物を載せることができるためステーションワゴンは荷物を載せて運ぶライトバンと同じもののと見られており、現在でも新聞においての事件報道などで、本来であればワゴンと書かれるべき車種がライトバンになっていることが多いなどもそれらの認識不足に基づくものである。
一般的にはステーションワゴンは十分な貨物スペースを保持するものであり、貨物スペースが大きいのが特徴であるが、近年はデザイン的な面からカーゴスペースを小さくしたため、ハッチバックタイプとの上の区別は難しいモデル、またハッチバックでありながらワゴンと名乗るモデル(マツダ・ファミリアショートワゴン)等、メーカーや時代によっても基準は分かれる。また、車検証での'車体の形状'の表記種別の一つでもあり、トヨタ・イプサム等一般的にミニバンと認識されている車両も車検記載上はステーションワゴンとして扱われる。ステーションワゴン以外にはセダン、クーペ、ミニバンなどがある。
しかし、趣味的な利用の増加によって優れた居住性や高いドライバビリティを持ったステーションワゴンが登場し、現在では、積載能力にも配慮しつつ上質な性能を持つものとして認識されている。
走行性能、居住性、積載能力、駐車場での取り回し、燃費などについて、高い領域でのバランスを持ち高い実用性を持つものの、1990年代半ば以降、その人気・需要は、クロスオーバーSUVやミニバンに転じている傾向が強い。こうした新しいジャンルの車種とステーションワゴンとの境界は現在、非常にあいまいになっている。

堺市と松原市で 激安トラック販売と買取
大阪陸運局での車検受けの写真紹介
トラック買取直販情報!高価買取と中古トラック販売情報とトラック架装・整備 トヨタ(トヨエース・ダイナ・ハイエース)
無料宣伝サイト 全国WEB商店街 マンション・戸建
平ボディ買取と販売のトラック123 奈良県
近畿で 中古重機買取のTRUCK123
中国料理 麒麟閣 寝屋川 大阪グルメ
寝屋川なんでも商店街 大阪写真情報
地図関連サイトの情報 関西・近畿
ヤンゴンの町並み紹介(観光)Myanmar
近畿 クレーン買取情報
堺市と松原市で クレーン買取のTRUCK123
高所作業車 LIFT CAR の基礎知識
中古トラック販売情報サイト TRUCK123 電話で簡単に無料買取査定1 香芝市・葛城市・五條市・柏原市(奈良県)
メルセデスベンツSL500(R129)の写真紹介
メルセデスベンツC200の写真紹介
大阪トラック買取のアメリカンピットブルテリア 闘犬 小太郎(無料買取査定!)
ミャンマーのおしゃれな町並み! お店出店のご相談
中古トラック販売のトラック123 寝屋川市
中古トラック、中古車をご購入時の必要書類の説明
ダンプ買取のTRUCK123 奈良地域(奈良・天理・生駒・香芝・五條)
寝屋川高校の写真紹介
コストを削減したWEB専門の激安トラック販売とトラック架装・整備の大阪トラック買取直販センター 愛知県(一宮市・稲沢市・愛西市・蟹江市)
トラック販売とトラック架装・整備情報発信 簡単検索!TRUCK123  ダンプ(極東・新明和)買取販売と取付架装
TRUCK123のトラック買取サイト
関西 コボレーン架装
大阪電気通信大学でご案内
中古重機買取と販売のトラック123 奈良県
無料インターネット商店街  PC(コンピュータ)、ノートPC
関西 中古トラック販売情報